道遊からのお知らせ

『病気の仕組み』と『ストレスとの因果関係』

2017年4月20日

多くの医学博士は、『慢性病のほとんどは活性酸素によるもの』

と説明しています。

『活性酸素(フリーラジカル)』とは、文字通り、体内で活発化した酸素です。

その活性酸素が、あらゆる細胞を酸化させることで傷つき、免疫を低下させます。

その結果、病気になったり、老化現象を早めることに繋がります。

活性酸素の害を、日常生活において無くすことは出来ないので、それの働きを弱めることが重要になります。

その為には、

 

『経皮毒を避ける』

『白砂糖を避ける(精製した物を避ける)』

『添加物・農薬・化学調味料・GMOを口にしない』

『アルミ製品を避ける』

『ファスティング』

『トランス脂肪酸は摂らない』

『オメガ3をしっかり摂る』

『電磁波を使わない・浴びない(電子レンジ・IH調理器具)』

 

などを日常生活で気を付けることが重要になります。

 

(facebookで『佐渡の子供達の健康を守る会』という公開グループを作成しました。

そこに投稿した過去の記事全てに目を通して頂きたいです。)

 

決して100点を目指すのではなく、60~80点を目指すくらいで体調は大きく変わるはずです。

他にも

『F1種の野菜』

『大気汚染(PM2.5や黄砂など)』

『居住問題(ホルムアルデヒド等)』

などありますが、これらを改善することは困難です。

 

 

一つの例として、活性酸素の働きを弱める物質の中に『ミネラル』が挙げられます。

ミネラルは天日塩にも多く含まれており、天日塩を使った醤油や味噌もまた豊富です。

つまり、現代に出回っている『精製塩』や『精製塩を使った偽物の醤油や味噌』を常用しているから、病気がちの人が多いのかもしれません。

精製塩にミネラルは皆無に等しいからです。

健康をな身体を保つため、本物の調味料に変えることは必須条件とも言えます。

そして、子供達の食事の2/1、もしくは3/1に値する学校給食でも、本物の調味料を使ってもらいたいというのが僕の願いです。

更には化学調味料やGMO食品も可能な限り排除するに越したことはありません。

これは僕一人で出来ることではないので、多くの保護者の方々と意識を高めながら進めて行きたいと思っています。

どうか宜しくお願い致します。

 

 

そして、慢性病と切り離せない関係にあるのが『ストレス』です。

僕は癌患者と多く関わってきたので、癌という病気に例えがちですが、癌に限らず『白血病』『膠原病』『パーキンソン病』『筋ジストロフィー』『自己免疫疾患』『突発性・・・・』など、難病指定されているほとんどの病は、食事に紛れこんだ化学物質が原因で免疫が低下し、そこへ極度のストレスがかかり、細胞や体が暴発したことが発病の原因だと思います。

色んな癌患者さんと話をしてきましたが、そろって共通することは『食生活に気を付けていないこと』です。

外食が多かったり、加工品を多く食べていたり、要因はたくさんあります。

そこへ、仕事は『中間管理職でストレスのかかりやすい環境』だったり、

経営者なら『業績が安定せず、精神不安定の状態』だったり。

 

例えるなら、食事で取り込んだ化学物質が『火薬』だとすると、ストレスは『発火装置』です。

 

ストレスは『感じ方』も『身体への負担』も人それぞれなので、一概には言えませんが、癌になりやすい人は『真面目な性格』や『責任感の強い人』が多いように感じます。

反対に癌になりにくい人は『前向きな人』『クヨクヨしない人』『人生を楽しんでいる人』が圧倒的に多いと思います。

 

そして西洋医学の治療を受けた方で、再発していない人の話を聞くと

『中間管理職からタクシーの運転手に転職した』とか、

『外食を控えて自宅での手作り料理中心にした』とか、

『病気をきっかけに生き方を変えた』

と様々な意見を耳にしました。

つまり

『食生活の改善』と『生き方を変える』ことをしなければ、いくら病院で治療をしても再発を繰り返すだけだと思います。

私が多くの方に伝えたいことは

病気や症状を悪視せず、体を守ってくれている経過だったり、その結果だと思って頂きたいです。

それを薬で抑え込むことはせず、自分の何が悪かったのか?何でこうなったのか?

振り返れば、答えは必ず見つかるはずです。

 

病気は『気づきを与えてくれるもの』だと思っています。

 

 

 

http://news.livedoor.com/article/detail/12892708/


ブロッコリーの収穫

2017年4月17日

今日の午前中、愛犬の散歩がてら裏の畑へ、息子(涼太)とブロッコリーの収穫に行きました。

それぞれハサミを持って15分。

涼太も飽きずに頑張ってくれました。

すぐに湯がいて、出汁醤油に漬け、お浸しで頂きました。

今まで食わず嫌いだった涼太も、美味しいと言いながら頑張って食べてました。

 

そして午後にはお付き合いしている農家の方から、無農薬のイチゴを頂きました。

最高に甘くて、『このイチゴ美味しい』と涼太が喜んでいました。

 

この有難い環境を当たり前と思わず、感謝する事の大切さを息子に伝えていけたらいいな、と思っています。


佐渡自然栽培研究会

2017年4月10日

農業について

私は農業をやったことがないので、口を出すのは恐れ多いですが、大切なことだと思うので。

人には自然治癒力が備わっています。くしゃみや咳・汗・目ヤニなど様々な排毒症状でウィルスを追い出し、また発熱することで死滅させます。
癌も白血病も慢性的病のほとんどはこれで治ります。
桑田圭佑さんや末期癌だった樹木希林さんは確かに西洋医学の治療もしてはいますが、治癒の理由は自然治癒力をいかんなく発揮させたこと。
食生活の改善とストレスの緩和はもちろんのこと、アロエベラジュースやモリンガ・プロポリス…….免疫を上げるスーパーフードと言われる食品はたくさんあります。
最近では小林麻央さんがステージ4で抗がん剤を拒否したのに無事退院されています。
誰かが代替療法をアドバイスしたからだと思います。

同じように植物にもあらゆる外敵から身を守る力をもっています。
それを『エンドファイト』と言いますが、現代の農作物は人間同様にそれを失っています。
山や森には無数の植物があり、それらは毎年芽を出し花を咲かせ果実を実らせます。
誰かが水をあげるわけでもなく、肥料をあげるわけでもありません。
それでも絶えることなく成長し続けます。

しかし、人間が関わる農作物や動物だけが病気になります。

人間と同様に化学物質とストレスが原因です。

作物を作るためにまず畑を耕しますが、それが間違いの始まりだと専門家は指摘します。
本来雑草の根などにミミズのエサがあり、ミミズが作物の栄養を作り出すはずなのに、耕すことで土の中が空っぽになるからです。

当然、栄養がない為に化学肥料を入れますが、それが植物のエンドファイトを阻害してしまいます。
当然身を守る術をなくした植物は、外敵にやられてしまいます。
そこで撒かれるのが農薬です。
更には大きくなれ大きくなれと、追肥を行ないます。
野菜には本来の大きさがあり、それを超えて肥大化すると栄養価は失われやすくなります。
人間もお腹一杯なのに、食べろ食べろ、と押し込められれば、食べ過ぎとストレスで病気になりがちです。

つまり植物も動物も人間も病気の根源は成育環境の乱れです。

自然の環境で良い食事とストレスが無ければ、生き物は病気になることはありません。

それがこれから佐渡で始まろうとしている無農薬・無肥料の『自然栽培』です。

平成5年の大冷害の年、米農家は壊滅的な状況だったそうです。
米不足でタイ米が輸入され、それを食べた記憶があります。

しかし、自然栽培の農家だけは例年通りの収量があったそうです。
自然の法則で育った植物はあらゆる外敵や環境の変化にも耐えることが出来ると言うことです。

それは動物も人間も同じことです。

そして生命力豊かということは、栄養も豊富ということです。

それを食せば、人の免疫もまた強くなります。

今後私たちに出来ることは『佐渡自然栽培研究会』が一生懸命作ったお米を、消費者として支持していくことです。

そしていつでも命の頂きに感謝する。

生かされていることに感謝する。

 

そう息子に教わりました。


食用油について

2017年4月2日

醤油や味噌・塩などと並んで、質の良いものに変える必要のある物が食用油です。

 

現在、スーパーに置いてある菜種油やコーン油など、安価なサラダ油の多くは、原料に遺伝子組み換えのトウモロコシや菜種が使われています。

つまり農薬と化学肥料を濃縮させたような商品です。

当然毎日使えば、健康を損なうことは十分考えられます。

また安価な油は酸化しやすいという欠点があります。

(特に揚げ物を翌日に食べることは控えたほうが良いと思います。)

 

人の体は、弱アルカリ性を保っています。

しかし生活習慣の乱れにより虫歯や癌になった場合、その箇所の体液は酸性に傾いてしまうのです。

これは医学的にも証明されています。

陰陽五行説のプラスとマイナスのバランスが崩れ、身体のその部分が電子を失った状態です。

つまり鉄でいえば『錆びた』状態です。

それを改善するには、アルカリ性の食品を多く摂り、電子を還元させれば良いということです。

(アルカリ性の重曹も良いと言われていますが、注意が必要だと思います。)

そして、何よりも身体を酸化させないことには根本的な改善にはなりません。

したがって、酸化しにくい良質な油が日々の食生活に必要となります。

 

食用油はオメガ3・オメガ6・オメガ9に分類され、熱に弱く酸化しやすいのがオメガ3。

耐熱性があり酸化しにくいのがオメガ9、その中間がオメガ6です。

 

食材にそのままかけて食べるのはオメガ3のしそ油や亜麻仁油・えごま油。

炒め物や揚げ物に適しているのは、オメガ9のオリーブオイルや良質な菜種油等です。

しかし、スーパーで販売しているエクストラバージンオリーブオイルは粗悪品が多く出回っているようです。

まずは原料のオリーブに農薬が使われている心配。

そしてプラスチック容器でダイオキシン等が含まれている心配。

さらには遮光されない透明な容器であるが故、油そのものが劣化してしまう心配。

安価な商品はこの3つが全て当てはまると思います。

 

ここで余談ですが、私の親友がコストコに仕入れに行き、佐渡島内で販売していますので、関心のある方はご一報下さい。

コストコには、良質な商品が多数あり、当館の油は彼にお願いして購入しています。

どちらも耐熱性のある、オーガニックのオリーブオイルとココナッツオイルです。

調理後すぐに食べれば酸化のリスクも下がり、農薬の心配もほぼありません。

 

大手メーカーのキャノーラ油等は前述の通り、原料に不安がある為お勧めしませんが、金井の寄らんか舎にある『米油』は耐熱性があり、酸化しにくいと思います。

もちろん農薬の懸念はありますが、現代に完璧を求めると返ってストレスになり悪循環となってしまいます。

 

ビタミンにも水溶性と脂溶性があり、脂溶性ビタミンは油がないと吸収出来ない栄養素が多くあります。

有害物質が脂肪に沈着することのないような良質な油に変えてみてはいかがでしょうか?

日々の健康維持に大きく影響すると思いますので。

 

 


ワクチンについて

2017年3月30日

『 ワクチン 』

今では様々なワクチンがあります。
ポリオ、ヒブ、三種混合をはじめ、インフルエンザワクチンから子宮頸がんワクチンなど。

例えばインフルエンザワクチンについて

そもそもインフルは私たちが幼少の頃は大した病ではなかったはずです。
自然治癒したという話も聞きますし、現代ほど重篤なものではありませんでした。
ではなぜ現代ではワクチンやタミフルが必要なほど重症化しているのでしょうか?

まず多くの医学博士(新潟では新大の安保徹先生が有名です)が、インフルの病原性は過去も現在も変わっていないと述べています。
そして、現代の子供達が重症になるのは、昔の子供達と比べて体の免疫力が低下しているからだと説明しています。

大きな要因はやはり食生活と生活習慣の違い。

スーパーでは既製品が多く出回り、砂糖や精製品を使ったジャンクフードの摂取率が高くなっています。更にはテレビやゲームばかりの毎日で、外で遊ぶ子供達が減っている。
身体に必要な栄養素と適度な運動が足りず、抵抗力(免疫力)が落ちているからだと思います。

つまり『インフルエンザウィルスが猛威をふるっている』という表現は誤りで、正しくは『子供たちの体が弱体化してる』が適切ではないでしょうか?

これは、虫歯・アトピー・アレルギー・花粉症等にも同じことが言えると思います。

私は社会に出てから、ワクチンはほとんど打ったことありませんが、一度もインフルにかかったことはありません。
ましては大病もありません。

私の祖母は食に非常に厳しく、
『ウィンナー食べるなら、肉を食べなさい』
と言う人でした。
そして思春期の間食は、100%のみかんジュースやお茶、そして干しイモや煎餅ばかりでした。
ポテトチップスやファンタ・コーラは絶対に与えてもらえませんでした。
体温を下げる砂糖や、添加物を多く含んだ物は、ほぼ口にすることはありませんでした。
故に免疫力の強い体が出来上がっているのだと思います。

基盤がしっかりしていれば多少食生活が乱れても病に負けることはありません。

私のようにワクチンを摂取しなくてもインフルにかからないならば、ワクチンの必要性はあるのでしょうか?

更には数年前まで『ワクチンを摂取すればインフルにはかからない』と厚労省は言っていましたが、いつからか『摂取すれば重症にならない』という表現に変わっています。

これは『ウィルスが強くなっているから』ではなく、『有効性が認められない』と捉えることもできるのではないでしょうか?

そしてワクチンは決して腐食してはいけません。
故に多くの防腐剤や添加物等も入っています。
(これは実際に医師に原物を見せてもらい、ワクチンの成分をご自身で確認すると良いかもしれません。)

食品に使われる添加物も、農薬も遺伝子組み換え食品も化学繊維も医薬品もワクチンも、全ては化学物質であり、その多くの原料は石油です。
戦後から石油産業が巨大化し、同時に1955年の医療費が2,000億円だったのに対し、2016年には30兆円を優に超えています。
戦後から国民の人口が約1.5倍増に対して、医療費は実に170倍に膨れ上がっています。
それに反比例するかのようにあらゆる病が蔓延し、国民の健康は損なわれています。

これらを考慮した上で、石油や水銀の入ったワクチンが果たして人体に悪影響はないのでしょうか?

私は決して『ワクチンを打たないで下さい』と言っているわけではなく、この投稿で世の中の常識を疑うきっかけになれば、と思っています。
そして皆さんが、あらゆる手段で模索し、ご自分の判断で納得のいく答えを出して頂きたいです。

私は長男・琢海の教えを信じていますので、今後一切ワクチンを打つことはないでしょうし、子供にも打たせません。
もし過去に戻れるのであれば、ヒブもポリオも三種混合も、全てのワクチンを拒否します。

何故なら赤ちゃんは生まれた時から、母親の強い免疫力を授かっており、母乳やしっかりした食事で強大な自然治癒力が備わるからです。
ワクチンがまだなかった時代に、赤ちゃんは果たして病気をしたでしょうか?
動物園の動物が病気になることはあっても、野生動物が病気になることはないのです。

ワクチンにお金をかけるなら、そのお金を良質な食事に充てることの方が合理的だと私は思います。

これがインフルエンザの真実だ!ワクチンを打てばかからないの嘘。自然に感染する以外粘膜抗体を作る方法はない。ウイルス・ワクチン・薬について